hanako

 

北沢 華子 Hanako Kitazawa

5歳よりバレエをはじめ、17歳の時ロンドンウエストストリートバレエスクールに2年間留学。在学中、クラシックバレエをマリオン・レイン、ピラティスをアランハードマンに師事。卒業後、オーストラリアバレエ団の団員クラスにて1年間レッスンを受講し、帰国後、東京シティ・バレエ団に入団。12年間に渡りほぼ全ての公演に参加し、「ジゼル」のパ・ド・シス、バチルド「コッペリア」の時のワルツのソリスト、祈り、「くるみ割り人形」の花のワルツのソリスト、スペインのソリスト、「真夏の夜の夢」のヒポリタなどを踊る。新国立劇場、藤原歌劇団などのオペラにも多数出演。日本ではチャコットやシンクロナイズドスイミングのオリンピック日本代表選手のバレエ指導を、シドニーではNational team 所属のフィギュアスケート選手のバレエ個人レッスンやNorthern Beaches Eisteddfod 9 Years and Under Category において優勝者の指導などを行う。

 

fumi

 

染原 風生 Fumi Somehara

5歳よりバレエを始める。京都バレエ専門学校そして当校でクラシックバレエを学んだ後、シドニー大学でスポーツ学及び栄養学を専攻。Dance Teacher Training Level 1&2取得。Progressing Ballet Technique認定教師。現在Diploma of Pilatesを勉強中。 「一生踊れる身体を造る」ことを目標とし、ダンサーの年齢や身体条件に合ったレッスンやコンディショニングを得意とする。

 

azusa

 

山田 梓 Azusa Yamada

7歳よりバレエを始める。ロシア短期留学を経て、ベラルーシ国立舞踊学校へ2年間留学。クラシックバレエ、コンテンポラリー、民族舞踊、演劇、パドゥドゥーなど学ぶ。帰国後、黒田節子氏のもと3才から大人までのクラスを指導。特別公演等数多くの舞台に参加。第一回県民文化祭オープニング特別出演、日豪文化交流ではオペラハウスにてコンテンポラリーを踊る。Pilates Trainer Professional (ピラティストレイナープロフェッショナル)のコースを終了、ディプロマを取得。 マットピラティスの他に、Reformer pilates (器械を使ったピラティス)、Barre Pilates (バーを使ったピラティス)など幅広く学ぶ。 解剖学、筋学をもとにダンサーに必要な動きを中心にバレエピラティスを指導。

 

syoko

 

永淵 翔子  Shoko Nagafuchi

6歳よりバレエを始める。オーストラリアのバレエコンクールで受賞多数。 国立オーストラリアバレエスクールにてサーティフィケート取得、後オーストラリアより初の正規留学生として国立ボリショイバレエアカデミーに3年間学び、デュプロマを取得。又、シドニーのブレントストリートパフォーミングアーツスクールにてジャズを、アムステルダムのヘンリージェンズファンデーションにてコンテンポラリーを学ぶ。 ウィーン国立歌劇場バレエ、ウェスバーデン州立バレエ(ドイツ)や、プラハのインターナショナルバレエマスタークラス等でも研修を受ける。 他に、オーストラリアインスティテュート オブ フィットネスよりパーソナルトレーナーの資格も取得。 2011年オペラオ-ストラリアに出演、又シドニーコンセルバトリーにてインド舞踊を発表した経験もあり、あらゆるダンススタイルに興味を持っている。 バレエ指導も3歳児からアダルトまで幅広い教師経験を経ている。